水上の人

仕事場までのバスは、湾の岸に沿って走ります。よっぽど風の強い日でない限り波もなく、まるで湖のようです。ある朝、水上に一人の男の人が立っています。ええ、この人、なに??ビックリです。
バスが近付くと、その人、一枚の細い板の上に立ってました。ま、一枚筏て、そんな言葉があるのかどうか、そういう状態。よく浮いてるなー、とバスの中から見入ってしまいました。
磯に釣りをする人の姿は、珍しくもありません。ボートに乗ってる人もいます。しかし、板一枚で海の上に人がいるのは、初めて見る光景でした。でも、バスの乗客は、気が付いていないみたい。
その異様な風景を忘れかけたころ、また、海の上に人。ああ、あの人。今度はじっくり観察させていただきます。すると、板はサーフボードです。そして片手に釣り竿を、もう一方でパドルを漕いでます。
ええ、なにこれ。サーフボードで立ち上がるって、すごく難しいでしょう。それなのに、立ち漕ぎしてます、この人。波があったらひっくり返るでしょう、当然。でも、すましてます。釣りしてるんです。
そばの岩場に釣りの人。小舟でも釣りの人。普通、そうでしょう。なに、この人。海の上の変人、ですね。なにか、自分に課しているものがある、修行僧のように見えてきました。
朝から、あんなもの見ると、気になって仕事が手につかないよ、全く。生理前のひどい腰痛を改善したいなら。